テーマ:活動の記録

7月30日木曜日 鳩山代表諏訪へ

7月30日木曜日、上諏訪駅前はものすごい人でした。 街宣車では「政権交代の夏です!民主党代表鳩山由紀夫の決意のほどを、皆さんの目で、皆さんの耳で、確かめにいらしてください」と申し上げていました。 そして、大勢の皆さんが、実際に確かめにいらしてくださいました。 鳩山代表がお帰りの際、「もはや、風ではない。地殻変動なのだ」とおっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将来、年金はもらえるの?

若い世代の人たちと、少子化問題、年金問題、若者の選挙離れなどについてディスカッションしました。 彼ら(彼女ら)の関心が高かったのが、将来の年金について。厚生省の試算では、厚生年金の給付水準は、1974年生まれの人では、50%を維持できるのは受給開始年だけ。翌年からは5割は割り込むんですよ、と説明すると、「そうなんですか」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農村部を歩いて

農村部を歩いて、農作業をしている人たちの話を聞いています。 「お米や野菜をつくって、普通に生活できるようにしてほしい」。そんな声を多く耳にします。 サラリーマンをしながら、お米を作っているという男性は、「私にできることは、この水田1枚が精一杯。もっとたくさんのお米を作ろうと思っても赤字が増えるばかりです」と話していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽地区メーデーに参加

1日、第80回木曽地区メーデーに参加しました。 300人を超える働く仲間が集まり、上松町内を「ゆとり・豊かさ・公正な社会」の実現を訴えてデモ行進をしました。 私は、15・44兆円の麻生政権による追加経済対策について話をしました。 この対策、金額の数字は驚くほど大きいのですが、緊急性とは程遠い内容です。 首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラックがステージに(メーデー@塩尻)

4月29日(昭和の日)、第80回塩尻地区統一メーデーに参加し、お話の機会を得ました。 メーデーの起源は、1886年5月1日、現在のAFL(アメリカ労働総同盟)が、シカゴを中心に8時間労働要求の統一ストライキをしたことにさかのぼると言われます。 1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士見 農家は大変

富士見町で農家の方々の話を聞いた。サル、猪、鹿などの被害が大変。 写真は、害獣被害を防ぐため、網で囲った畑。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩尻で街頭演説

追加の経済対策は15兆円という。G20で、米国が主張したGDPの2%の財政出動を守るということだろうか? それにしても、財源は? 埋蔵金から3.4兆円を使うようだが、埋蔵金については、すでに08年度2次補正で4.1兆円、09年度当初予算で4.2兆円、10年の基礎年金に2.3兆円など、ほとんど使い切ってしまうことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の交通安全運動と一緒に

早朝は、日課となっている辻立ち。新品のカバンを背負った中学1年生の笑顔がピカピカ。 春の全国交通安全運動(15日まで)ということもあり、偶然にも、新入生たちに安全指導をしている先生方と一緒に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームやざき 巡回ポスターチェック

昨日の日曜日は、暖かな春の訪れを感じさせる一日でした。 集会の合間をぬって、やざき公二サポートチーム(「チームやざき」)の面々と、 街宣車で茅野市・原村・富士見町を巡回し、 はがれたポスター、倒れかかったポスターの修復を行いました。 日差しはあたたかいものの、まだまだ風は冷たく、 巡回の合間の一服に、大きく癒されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩國哲人さんを迎えて

茅野市宮川両久保の後援会設立総会に、衆院議員で前出雲市長の岩國哲人さんを迎え、「政策と政権の交代を!」のお話をうかがいました。 岩國さんは、大の長野県好き。出雲市長時代も年末年始は、蓼科で過ごしたそうです。民主党の政策については、「年金手帳」で消えない年金、安心して子育てできる社会、農家への個別所得補償制度の《3つの約束》…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手話通訳と要約筆記と…

  「れんげ草」が企画した聴覚障害者のためのミニデイサービスに参加しました。 高齢ろう者の生きがいを支援するために2001年に設立されたグループが「れんげ草」です。 メンバーは約30人。ヘルパー2級の資格を頑張って取得した人や手話通訳ができるボランティアの人たちが、聴覚に障害を持つ65歳以上の人たちに憩いの場などを提供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定額給付金の支給されるけれど…

 茅野市内で街頭演説。定額給付金について話しました。諏訪6市町村で支給される給付金の総額は、約32億4980万円。事務費は、約1億2100万円。32億円あれば、ほかに必要な分野に税金を使ったほうがいいのでは…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生の先輩を前に

お年寄りの方々の施設で、お話をさせていただく機会をもちました。 国会中継を熱心に見ているなど、皆さんの一言一言に、熱い思いを改めて感じるひと時でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が100人の村だったら…

  日本がもし100人の村だったら?   日本村の食べ物100人分をつくっているのは、およそ2・5人しかいません。   2・5人のうち、約2人はお年寄り。日本は、ごくわずかなお年寄りに食べ物をつくってもらっている。   大変おかしな村。それが日本です……と、塩尻駅前で農業の話をしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻立ち必須グッズ

今週は月曜日から20号バイパスの平安堂前・交差点で朝の辻立ち。 今日はこの場所に立って3日目。 「おお、頑張っているな」と高校時代の友人から電話をもらった。 「1日目は気付かなかったけど、2日目に《やざき》かなと思い、3日目の今日、《やざき》であることを確認した。応援するから頑張れ!」とのこと。 俄然、政権交代に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党長野県連2009新春決起の集い

  民主党県連の新春総決起の集いが長野であった。   たくさんの方々が出席。「例年以上の盛り上がりだった」そうで、新しい時代到来の予感がした。   こんな多くの人の前で、話をするのは、結婚式以来!?   城山三郎さんの著書「そうか、もう君はいないのか」(新潮社)の話をした。   この著書は、城山さんとその…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪の中で

目覚めたら、白銀の世界。玄関前の雪かきを済ませて、街頭へ。 定額給付金の受け取りに関する発言が9日、閣議後会見で相次いだ。閣僚の意見は、ばらばら。 17人のうち「受け取る」は11人。5人は不明。甘利明行政改革担当相は「辞退する」。 もともと、政策的位置づけも、整合性もない話であっただけに、このようなことになってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝金主義と、新自由主義…

早朝、日課の辻立ち。 1週間ぶりに、茅野市の鬼場の交差点に戻り、朝の挨拶と「政権交代」を訴えた。 多くの方々から、あいさつと、クラクションと、ヘッドライトの激励。 まばゆい朝陽がやわらかい、快晴の早朝。 今年こそ、日本を改革、政権交代の気持ちをあらたにした。 午後6時半からは、松本市内で開かれた松本地区労福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪大社で「政権交代」を訴える

31日夜~1日未明、二年参りや初詣でにぎわう諏訪大社で「政権交代」を訴えました。 若い世代の人たちが意外に多いのにちょっとびっくり。 「政治を変えて」「応援するよ」などの励ましの声が多く、 中には、「若者はお年寄りを大切にする社会の実現を望んでいるのよ」と話しかけてくれた人も。 日本を支える若い世代に、大いに期待したいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more