将来、年金はもらえるの?

画像


若い世代の人たちと、少子化問題、年金問題、若者の選挙離れなどについてディスカッションしました。

彼ら(彼女ら)の関心が高かったのが、将来の年金について。厚生省の試算では、厚生年金の給付水準は、1974年生まれの人では、50%を維持できるのは受給開始年だけ。翌年からは5割は割り込むんですよ、と説明すると、「そうなんですか」と驚きと落胆の声が上がりました。

将来への不安、老後への不安…を若い世代は抱いています。年金のきちんとした仕組みをつくらなければいけないという思いを強くしました。また、若い世代がわくわくドキドキしながら生きていける社会をつくることが、日本全体を元気にすることだと思いました。

この記事へのコメント