農村部を歩いて

画像


農村部を歩いて、農作業をしている人たちの話を聞いています。

「お米や野菜をつくって、普通に生活できるようにしてほしい」。そんな声を多く耳にします。

サラリーマンをしながら、お米を作っているという男性は、「私にできることは、この水田1枚が精一杯。もっとたくさんのお米を作ろうと思っても赤字が増えるばかりです」と話していました。

日本の食料自給率は39%。食糧自給率を上げるには、食料自給力を上げなければいけません。

食料自給力とは、お米や野菜など農業を営む人たちの力のことをいいます。日本の農業を守り、担い手を増やすことが大きな課題です。
 



食料・農業・農村白書 平成20年版 (2008)
時事画報社
農林水産省

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント